『願う』から『決める』心へ

1年の整理で、手帳をつらつらと読み返していました。

手帳に、目標、やりたいことを書き込んでいるので、その文章をよく読んでみると…

たくさん書いてあるけど、なんか、ふあふあ、地に足がついていない感じ!

そう気づいてしまったのです。

願い事なんだけど、心の表層で言っている感じ。

心の奥底では、願い事か叶うとは信じてないんです。

願い事は、叶うか、叶わないか。

でも、本気でやりたいことなら、全身でやると決意することが大切!

とは言え、なかなか決意できないのが、私たち人間。

そんな時、私が使う問いは、

もし、◯◯が成し遂げられない人生なら、生きている価値があるか?

です。

すると、心の深い部分が、

そんな人生いらない!

と叫び出します。

もし、あなたが、

もし、◯◯が成し遂げられない人生なら、生きている価値があるか?

と自分に尋ねて、それでも良いかも… と弱きになってしまうならば、それは本当にやりたいことではありません。

成し遂げられないなら、絶対に嫌だ!

と心が叫ぶポイントが、あなたが本当にやりたいもの。

 

12/29 心晴れやかに新年を迎えるためのワーク開催‼︎こちら

2018年1月 治療アート色光セラピー始まります

子ども専門アートセラピスト養成講座こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です