不安な心と向き合う

10年前に出会った本  『あるヨギの自叙伝』

パラマハンサ ヨガナンダという人の生涯が書いてあります。

幼少期より、信仰が深く、数多くの神秘体験をします。

私は、ここまでなれないかも、と思う一方、いつかはみな、この意識レベルに行くのだろう、と感じています。

 

その中の話。

 

ヨガナンダのお兄さんは、ヨガナンダと違い、神さまを疑っているんですね。それである日、ヨガナンダにこう言います。

『お前のいう信仰が本当なら、神さまは何でも与えてくれるはずだ。今から、一銭も持たずに遠くの街まで行き、豪華な昼ごはんを食べて今日中に帰って来い』

ヨガナンダは、もちろん快諾。

だけど、一緒に連れていく友達は、やはり不安になり、少しでもお金を持って行こうとし、ヨガナンダに反対されます。

その後、旅は奇跡の連続で、ヨガナンダは、約束を守るどころか、それ以上のお金を手にして帰ってくるのです。

う〜ん、すごい信仰心!

だけど、その友達は、1つの奇跡が起こり、その時は喜び信じるのですが、またすぐに不安に苛まれ、本当に無事に帰れるのか案じ始めます。

ほとんどの人は、私も含め、この『友達』状態。今までの人生を振り返って、奇跡と思えることに1度もあったことのない人はいないと思いますが、起こらないもの、と信じているのです。

ヨガナンダは、神さまを信じる、というより、自分は神さまからの恩恵を受けとるに値する、と絶対的に自分を信じているのです。

私もここ数年、独立してから、経済的に苦しい時期が、数えきれないほどありました。でも、最後はちゃんとどうにかなった。

数年前になりますが、もう、この年末は本当に凌げないかも、と思っていたら、以前購入したマンションの不動産から12月に急にTEL。7〜8年前のことなのに、返金分がありますと突然言われ、12月27日 年末ぎりぎりに振りこまれ、急場を凌ぐことができました。

このことだって、立派な奇跡。思いもよらない所からの手助けだった。

 

だから、今、何らかの不安に苛まれている人は、自分は恩恵を受けるに値する、と思ってぃるのか、思いを巡らせてみて下さい。宇宙は、あなた自身が自分に与えた価値を反映します。

急に、すごい人間なんだ! と思いこもうとする必要は、全くありません。だけど、いかに自分が低い評価を自分に与えているか、それに気づくだけでいいんです!そうすれば、必ず体験する世界は変わってきます!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です